[PR]恐怖!企業公式アカウントの炎上!〜やっておきたい防止策〜

企業のソーシャルメディア活用の二大柱ともいえるFacebookとTwitter。Twitterの企業利用は2010年頃より注目され、多くの企業が運用をしている。

Twitterは、Facebookよりもお手軽というイメージがある一方で、「炎上」の事例が多いのも事実。企業アカウントの炎上は、不注意な投稿や、ユーザーからのクレームに正しく対応できていないことが主な原因だ。

炎上を防ぐためには、企業はソーシャルメディア運用のガイドラインやマニュアルを整備し、従業員教育を行うことがもっとも重要だ。

その上でさらに、Twitterの運用をサポートするようなTwitterクライアントを使うことで、炎上の危険性を抑え、従業員のストレスも最小限にすることができる。本記事では、アユダンテ株式会社が提供する、複数アカウントによる運用管理ができるTwitterクライアント「つぶやきデスク」の機能を取り上げながら、炎上を未然に防ぐ方法について考えてみたい。

今回は、4つの炎上事例を元に、どうすれば防げたのかを考えていく。

続きを読む

ソーシャルメディアに強い組織を作る!伊東屋の中の人と話してわかった3ポイント

「社内のソーシャルメディアの理解が低いので、Facebookページなどを作りたくても作れない」

こんな悩みを聞くことがある。知名度が高く、B2Cの企業、つまりソーシャルメディアを顧客接点の一つとして活用することで、さらに価値が高められる可能性のある企業のご担当者からもこうした声を聞くことがあり、非常にもったいないなぁと感じる。

ある日、Facebookを見ていたら「Facebookチームが社内の年間最優秀賞をいただきました!」という投稿が。

投稿されたのは、東京・銀座にある老舗文具店の伊東屋さんのFacebookページ。魅力的な店舗が人気の同社でなぜ「Facebook」が社内で評価されたのか。ここに組織内でソーシャルメディアを根付かせるためのヒントがあるのではないかと思い、インタビューさせていただいた。

続きを読む

再び注目されるブロガーキャンペーン、背景と成功の秘訣

FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを使ったキャンペーンが引き続き注目を集めている一方で、ブロガーキャンペーンも再び注目を集め始めているようだ。

ブロガーキャンペーンとは、ブロガーをイベントに招待してイベントレポートを書いてもらったり、商品を配ってレビューや利用体験記を書いてもらうようなマーケティング施策全般のことを指す。ブロガーは著名ブロガーの場合もあれば、一般のユーザーであることもある。

今回は、ブロガーキャンペーンが再び注目されている背景を整理し、ブロガーキャンペーンを成功させるために考慮しなければいけないポイントである「デジタルインフルエンス」について考えてみる。

続きを読む