SNS活用のヒント

catch-img

25人集めなくてもFacebookページURLが変更可能に!


Facebookページを作成すると、最初に長いユニークなIDがついたURL(例:http://www.facebook.com/pages/Social-Media-Experience/111163288944765)が割り当てられます。このURLは長くて覚えにくいため、固有ID部分を任意のユーザーネームに変更してわかりやすいURL(例:http://www.facebook.com/SocialMediaExperience)にしたほうがいいでしょう。 ただし、これまではユーザーネームを変更するためには「いいね!」と言っているユーザーの数が25人以上必要でした。

しかし、この制限が少し緩和され、25人までユーザーが集まっていなくてもユーザーネームの変更ができるようになりました。ただし、これができるのは1ユーザーアカウントで1回のみです。2つ目以降のFacebookページは、これまでどおり25人以上のユーザーを集める必要があります。


ユーザーネーム変更の方法

まずはユーザーネーム変更ページにアクセスしましょう。 Facebookページのユーザーネームが変更可能な場合は、隣にテキストボックスが表示されるので、任意の文字列を指定し「選択可能か確認」をクリックします。そのユーザーネームが利用可能であれば、確認画面が表示されるので、内容を確認し「承認」ボタンをクリックします。 すでに誰かが使用している場合は、他の文字列で探してみましょう。

なお、ユーザーネームには、一般的な単語(flowerやpizzaなど)をユーザーネームに使用することはできません。使用できる文字は英数字(A~Z、0~9)とピリオド(.)のみとなっています。 ここで注意したいのが、一度URLを変更したら、もうそのURLは変更できないということです。スペルミスやtestなどという文字列を含めてしまうと、そのまま使い続けなければいけないので注意しましょう。 以下のページは、「いいね!」と言っているユーザー数が13人ですが、無事に任意のユーザーネームを付けたURLに変更することができました。


注意!25人未満で変更できるのは1回だけ

冒頭でも述べましたが、25人未満で変更できるのは、1人1回までです。1回だけしか使えない貴重な技なので、使いどころを間違えないようにしましょう。

また、繰り返しになりますが一度変更したユーザーネームは変更できないということも注意してください。


まとめ

ユーザーネーム変更の制限の緩和は、まずは最初に25人集める、というのがちょっとした壁になっていたという方には朗報です。名刺などにも載せたいけれど、25人以上集めて変更するまではPRできない・・・というジレンマもこれで解消できます。

深谷歩
深谷歩

株式会社 深谷歩事務所 代表取締役 ソーシャルメディアやブロクを活用したコンテンツマーケティング支援として、サイト構築からコンテンツ企画、執筆・制作、広報活動サポートまで幅広く行う。Webメディア、雑誌の執筆に加え、インタビュー取材による導入事例作成、記事作成なども行う。 著書 『コストゼロでも効果が出る! LINE公式アカウント集客・販促ガイド』(翔泳社、共著)、 『自社のブランド力を上げる! オウンドメディア制作・運用ガイド』(翔泳社)、 『たった1日でも効果が出る! Facebook広告集客・販促ガイド』(翔泳社) 他多数

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧