SNS活用のヒント

catch-img

Facebookのプロフィール画像をかっこよくしよう


Facebook(フェイスブック)のプロフィール画面が新しくなってから、そのレイアウトを利用してかっこいいプロフィールページを作ることがちょっとした流行りになっています。 こうしたプロフィール写真は「ハックプロフィール」「フォトパズル」などとも呼ばれています。よくできたプロフィール画面は、いくつかのサイトでまとめて紹介されています。 さて、今回はこうしたプロフィール画面を設定する方法を紹介します。

追記:Facebookの個人ページはタイムラインに変わります 2011年12月、Facebookの個人ページは「タイムライン」という新しい表示に変更になりました。タイムラインへの切り替え方やのカバー画像については以下の記事で解説していますので、そちらを御覧ください。 「Facebookタイムラインを適用しよう:変更方法と使い方まとめ!

どういう仕組になっているか

新しいプロフィール画面になってから、プロフィールの写真の表示最大サイズが180ピクセル(幅)×540ピクセル(高さ)になりました。 そして、ウォールで自分のプロフィールを表示したときに、自分がタグ付けされた写真が5枚プロフィール写真の右横に並んで表示されるようになりました。 この大きいプロフィール画像とタグ付けした画像を利用して、レイアウトします。


画像編集ソフトを利用する方法

PhotoShopなどの画像編集ソフトを利用して、画面を切り取る方法があります。 プロフィールに設定したい画像を選びます。この画像は800ピクセル(幅)×600ピクセル(高さ)以上である必要があります。この画像を大きいプロフィール画像1枚とタグ付けする小さい画像5枚に分割します。 縮小されないように、プロフィール画像の大きさは、180ピクセル(幅)×540ピクセル(高さ)にします。タグ付けする小さい画像は98ピクセル(幅)×68ピクセル(高さ)にします。小さい画像の上は40ピクセルほどあけます。ここは、自分のプロフィールに表示されているプロフィール情報が何行に渡っているかでサイズが変わります。

画像が分割できたら、これらの画像をFacebookの自分のアルバムにアップロードします。 アップロードしたら大きな画像をプロフィール画像に指定し、小さな画像を以下の順番でタグ付けします。

これで、組み合わせたプロフィールが作成できます。


Facebookアプリを利用する方法

上記の方法はトリミングしたり微調整したりと、けっこう大変です。実は、こうしたプロフィール写真を作るためのFacebookアプリケーションが用意されています。 今回は、Profile Makerというアプリを利用します。 サイトにアクセスしてアプリを利用することを承認します。 [Upload Photo]をクリックして設定する画像をアップロードします。

Zoomのレベルを変えると、画像の大きさを調整します。また、画像も好きな位置に移動できます。[Flip]をクリックすると画像を反転します。[Add or remove information lines]では、[ー]を押すとプロフィール情報の行を減らし[+]をクリックすると増やします。自分のプロフィール情報の行数にあわせましょう。ちょうどよい位置に画像を設定できたら[Create Profile]をクリックします。 読み込みが完了したら[Go to Photo]をクリックします。

自分のアルバムページが表示されるので、[プロフィール写真にする]をクリックします。

確認画面が表示されるので[OK]をクリックします。 自分のウォールが表示されます。正しく表示されたでしょうか。

プロフィール画像は、普段はサムネイル表示になります。プロフィール写真の設定からサムネイルの位置を調整するとよいでしょう。

​​​​​​​

深谷歩
深谷歩

株式会社 深谷歩事務所 代表取締役 ソーシャルメディアやブロクを活用したコンテンツマーケティング支援として、サイト構築からコンテンツ企画、執筆・制作、広報活動サポートまで幅広く行う。Webメディア、雑誌の執筆に加え、インタビュー取材による導入事例作成、記事作成なども行う。 著書 『コストゼロでも効果が出る! LINE公式アカウント集客・販促ガイド』(翔泳社、共著)、 『自社のブランド力を上げる! オウンドメディア制作・運用ガイド』(翔泳社)、 『たった1日でも効果が出る! Facebook広告集客・販促ガイド』(翔泳社) 他多数

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧