SNS活用のヒント

catch-img

Twitterでこれからバズるクリエイターを推薦する「#バズるかも」が面白い!【続編】

先月ご紹介した「#バズるかも」は、「サントリーTwitter担当による実験的(でもガチな)プロジェクト。」として、7月19日にTwitter上でスタートし、「「まだ有名じゃないけど、これから人気になるかも🦆!Twitterでバズるかも🦆!」」と、ひそかに思っているクリエイターを自薦、他薦問わず推薦するという企画です。
今月12日にクリエイターが発表されたので、前回の続きをご紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.8月8日:審査中
  2. 2.8月12日:クリエイター5名の発表
  3. 3.8月14日〜:各クリエイターの紹介
  4. 4.8月19日〜:制作過程を公開
  5. 5.8月22日:各クリエイターの作品発表
  6. 6.8月23日:第一回「#バズるかも」終了



8月8日:審査中




締切後は審査員の発表を行っていましたが、8月8日に、イラスト(審査員鳥)の投稿で、審査中だというツイートがされました。


8月12日:クリエイター5名の発表




8月12日に、ついに運命の結果発表が行われました。

今回選ばれたのは、ギャグ漫画作家の小山コータローさん、粘土作家のフジイカクホさん、イラストレーターのアキヤレモンサワーさん、画家の田中ラオウさん、動画クリエイターの花田コリぱんださんの5名です。

そして、各クリエイターの制作した作品が22日に発表されるとのことで、翌日には作品のお題が明かされました。




8月14日〜:各クリエイターの紹介


14日からは毎日各クリエイターが1人ずつ紹介されました。







8月19日〜:制作過程を公開


各クリエイターそれぞれの制作過程の一部が写真とともに紹介されました。





8月22日:各クリエイターの作品発表


クリエイター発表と同様に、1人ずつ作品が発表されました。








8月23日:第一回「#バズるかも」終了



突然Twitter上でスタートし、48時間という短期間での応募でしたが、指定のハッシュタグで誰でも応募できる気軽でスピーディーな企画だった「#バズるかも」。

1ヶ月にわたって募集、選考、発表が行われましたが、今後も実施の可能性があるようです。



今後の実施とこれから選ばれたクリエイターがどう本格的にバズっていくのか……楽しみですね!

Bucket編集部
Bucket編集部