SNS活用のヒント

catch-img

Twitterで振り返る!『キングオブコント2021』

10月2日(土)にお笑い特別番組『お笑いの日』(TBS系)が8時間にわたって生放送されました。 その目玉コンテンツとして行われたのが、コント日本一を決める大会『キングオブコント2021』。 放送中、Twitterでは「#キングオブコント」、「飯塚さん」(今年新たに審査員に加わった東京03・飯塚悟志さん)といった関連ワードがトレンドを独占しました。 今回は『キングオブコント』で盛り上がったTwitterでの反応と、『お笑いの日』公式Twitterの投稿についてご紹介します。

記事を見る

catch-img

テレビアニメ「『鬼滅の刃』無限列車編」放送開始!SNSの反応は?

9月25日(土)に人気アニメ『鬼滅の刃』の劇場版「『鬼滅の刃』無限列車編』」(フジテレビ系)が全編ノーカット版として初放送されました。放送直後からネット上で盛り上がり、Twitterでは放送開始後わずか10分ほどで「#無限列車」が世界トレンド1位にランクインしました。 10月からは新たなエピソードを加えたテレビアニメの新作の放送がスタートし、更なる注目を集めています。今回はテレビアニメ「『鬼滅の刃』無限列車編」のポイントと、初回放送でのTwitterでの反響をご紹介します。

記事を見る

catch-img

Twitterで振り返る!「#東京2020パラリンピック」

世界中を熱狂の渦に巻き込んだ東京オリンピックの閉幕から約2週間後、続いて障がい者スポーツの祭典であるパラリンピックが開催されました。 東京オリンピックが33競技339種目だったのに対し、パラリンピックは22競技539種目。 競技数が少ないのに種目数が多いのは、選手の抱えている障がいのレベルによってクラス分けをされているから。全競技中で最も多い競技は陸上で167種目にも上りました。 日本のメダル獲得数は51個で、アテネ大会の52個に次ぐ歴代2位の記録。金メダルは13個を獲得し、前回大会ではひとつも獲得できませんでしたが大躍進を遂げました。 そんな東京パラリンピックをTwitterで注目されたキーワードを元に振り返っていきたいと思います。

記事を見る

catch-img

Twitterで振り返る東京五輪!「#Tokyo2020」

2021年、夏のトピックとして挙げられるのはやはり東京五輪ではないでしょうか? 8月23日の開会式に先立って21日のソフトボールとサッカーから始まり、新競技として採用されSNSで盛り上がりを見せたスケートボードをはじめとするアーバンスポーツ、開会式でのピクトグラムなど、競技以外の面でも注目を集めた大会になりました。 今回は東京五輪をTwitterで注目されたキーワードを元に振り返っていきたいと思います。

記事を見る

catch-img

SNSで展開される「推し」を広める文化!参考にしたいTwitter活用事例

近年、アーティストや企業によるSNS公式アカウントの運用が定着してきました。企業側が一方的に情報発信するだけでなく、直接ユーザーから意見を募集し、形にするというケースが増えてきています。 また最近ではSNS上で「推しを広めたいという文化」が広がっており、そのファン心理を取り入れることがこれからのマーケティングにおいて重要だと考えられています。 今回は、上記の点において、実際にユーザー(ファン)の意見を直接取り入れているTwitter活用事例をご紹介します。

記事を見る

catch-img

事前告知なしでトレンド1位⁉ 稲垣吾郎×草なぎ剛×香取慎吾のEテレ新番組『ワルイコあつまれ』がスタート

稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が出演するNHKの新番組『ワルイコあつまれ』が9月13日(月)よりスタート。事前の宣伝、予告を一切行わないという番組側の“戦略”のもと、放送が始まるとすぐさまTwitterトレンド1位に。 一体どんな内容が放送されたのか? SNS上の反応と合わせてご紹介します。

記事を見る

catch-img

Twitterでこれからバズるクリエイターを推薦する「#バズるかも」が面白い!【続編】

先月ご紹介した「#バズるかも」は、「サントリーTwitter担当による実験的(でもガチな)プロジェクト。」として、7月19日にTwitter上でスタートし、「まだ有名じゃないけど、これから人気に:duck:なるかも!Twitterでバズるかも:duck:!」と、ひそかに思っているクリエイターを自薦、他薦問わず推薦するという企画です。 今月12日にクリエイターが発表されたので、前回の続きをご紹介します。

記事を見る

catch-img

ジャンルごとに情報を発信!ABEMA(アベマ)の公式Twitterアカウントまとめ

2016年に開局したライブストリーミング形インターネットテレビ&ビデオエンターテインメントサービス「ABEMA」(アベマ)。国内唯一の 24 時間編成のニュース専門チャンネルや、オリジナルドラマ、恋愛番組、アニメ、スポーツなど、20chを24時間365日放送しています。アプリは開局から約11か月で1,500万ダウンロードを突破し、現在も利用者数を増やし続けています。 「新しい未来のテレビ」を掲げるABEMAは現在、総合アカウントの他に、人気チャンネルに特化したTwitterアカウントを運用しています。今回はABEMAが公式に運用するそれぞれのアカウントをまとめました。

記事を見る

catch-img

思わず劇場に足を運びたくなる!2021年上半期の映画告知アカウントの事例

いまや、映画とSNS運用は切っても切れないほど重要になっています。映画公開の告知、見どころやキャスト紹介、キャンペーン、視聴者の投稿を促進など、様々なアイデアで映画を盛り上げることができるからです。しかし、ターゲットや映画の内容によって、マッチする投稿やキャンペーンは異なります。映画の魅力を生かして、Twitterを運用しているアカウントをピックアップして紹介します。

記事を見る

catch-img

「#プッチンプリンを凍らせよう」グリコが夏にぴったりなスイーツのTwitterキャンペーンを発信!

猛暑日が続くこの季節、お家でも手軽に楽しめるひんやりスイーツが簡単に作れたら……そんな声に答えてくれるようなキャンペーンがTwitterで実施されています。 グリコ「プッチンプリン」の公式Twitterアカウントが行なっている、ユーザーからアレンジした凍らせプッチンプリンの写真や動画を募集する「#プッチンプリンを凍らせよう」についてご紹介します。(※企画は2021年7月31日まで)

記事を見る

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧