プロフェッショナルネットワークのためのソーシャルメディアであるLinkedIn。日本語化のプロジェクトも進んでいることから、最近日本国内でも注目が集まり、登録ユーザーもすこしずつ増えています。

先日、あるレストランがLinkedIn広告を使って新規顧客を獲得したという事例を見ました。LinkedInは、ヘッドハンティングや転職活動のためのネットワークというイメージがあったため、レストランの広告というのは意外に感じました。

しかし、USではすでに様々な企業がLinkedInの広告出稿をしています。そこで今回は、LinkedInの広告についての基本情報を整理し、実際に広告を配信する方法について解説します。さらにFacebook広告と比較して、どんな場合はどちらが適しているのか、どちらがお得かといったことについて考えてみます。

なお、LinkedInの基本的な使い方などについては割愛します。基本的な利用方法などについては、以下の記事などが参考になるでしょう。

今日から始めるLinkedIn(リンクトイン)!アカウント作成~英語+日本語版プロフィール登録までを徹底解説!
「LinkedInアカウントは作ってみたけれど、何をしたら良いか分からず放置!」していない?次にやりたい2つのアクション

ただし、2011年8月現在、広告の文章は基本的に英語のみしか受け付けていません。日本語テキストを登録することはできますが、承認審査のときにリジェクトされてしまうかもしれませんので注意してください。

続きを読む