キャンペーン

ソーシャルメディアのキャンペーン:事例と成功の秘訣

「FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアのビジネス活用についての事例が知りたい」という声をよく耳にする。

事例人気の理由の一つが、企業の多くがソーシャルメディアの使い方に迷っているということだろう。マーケッターや広報担当者は、Webや書籍などでソーシャルメディアについてよく調べている方が多い。よって、ソーシャルメディアの基本的な知識や、活用の心得、エンゲージメントの必要性はすでに十分ご存知の方が増えている。こうした方々の次のステップとして、活用のヒントになる成功事例が求められている。

さらに言えば、期間限定のキャンペーンやコンテスト、くじ、イベントなど特別なコンテンツについての事例の需要が特に高いようだ。

しかし、大企業や、すでに認知度の高い企業の成功事例を紹介しても「もう知っている」「規模が違うので参考にならない」と言う反応が多い。

そこで、今回は、比較的新しいメディアがどのようにソーシャルメディアを使ったキャンペーンを実施しているのかを紹介しつつ、企業がキャンペーンを実施する場合に、おさえておかなければいけない点をまとめた。

続きを読む

TwitterとFacebookでは情報の広がり方が違う

Social Media Experienceには、TwitterのRTの数が300を超えている記事が2つ、Facebookの「いいね!」が500を超えている記事が4つある(うち、どちらの条件も満たす記事は1つ)。

Social Media Experienceは扱うテーマをソーシャルメディアに絞っているので、対象読者が限定されている。よって、少なくとも現時点の読者数から言えば、RTが300を超えた記事、「いいね!」が500を超えたものは人気のあった記事と考えられる。

今回は、TwitterのRT数300とFacebookの「いいね!」数500になっている記事が、どのような経緯で広がっていったのかを考えた。

結果、両者のメディア特性の違いを反映して、広がっていくタイミングと、誰がインフルエンサーになるのか、という違いが見えてきた。それらを踏まえて、企業でキャンペーンなどを実施するときに、注目するべきポイントを整理してみた。

続きを読む

Social Media Experience

記事提供

運営会社