Twitter

TwitterとFacebookのデータからわかる大統領選挙

2012年のアメリカ大統領選挙においてソーシャルメディアのデータは選挙戦をどのように物語るのでしょうか。たくさんの情報が選挙当日、ソーシャルメディアを通してシェアされました。

最も話題になったのがオバマ大統領の勝利宣言のツイートでしょう。オバマ大統領がミシェル夫人をハグする画像がついたこのツイートは、実際に投稿されてからわずか1時間で30万ツイートを記録しました。そして11月18日現在は、81万回リツイートされています。

今回は、TwitterとFacebookでシェアされた大統領選挙に関連するデータを紹介しながら、ソーシャルメディア上で選挙がどのように語られたのかをみてみます。

続きを読む

[PR]恐怖!企業公式アカウントの炎上!〜やっておきたい防止策〜

企業のソーシャルメディア活用の二大柱ともいえるFacebookとTwitter。Twitterの企業利用は2010年頃より注目され、多くの企業が運用をしている。

Twitterは、Facebookよりもお手軽というイメージがある一方で、「炎上」の事例が多いのも事実。企業アカウントの炎上は、不注意な投稿や、ユーザーからのクレームに正しく対応できていないことが主な原因だ。

炎上を防ぐためには、企業はソーシャルメディア運用のガイドラインやマニュアルを整備し、従業員教育を行うことがもっとも重要だ。

その上でさらに、Twitterの運用をサポートするようなTwitterクライアントを使うことで、炎上の危険性を抑え、従業員のストレスも最小限にすることができる。本記事では、アユダンテ株式会社が提供する、複数アカウントによる運用管理ができるTwitterクライアント「つぶやきデスク」の機能を取り上げながら、炎上を未然に防ぐ方法について考えてみたい。

今回は、4つの炎上事例を元に、どうすれば防げたのかを考えていく。

続きを読む

TwitterとFacebookでは情報の広がり方が違う

Social Media Experienceには、TwitterのRTの数が300を超えている記事が2つ、Facebookの「いいね!」が500を超えている記事が4つある(うち、どちらの条件も満たす記事は1つ)。

Social Media Experienceは扱うテーマをソーシャルメディアに絞っているので、対象読者が限定されている。よって、少なくとも現時点の読者数から言えば、RTが300を超えた記事、「いいね!」が500を超えたものは人気のあった記事と考えられる。

今回は、TwitterのRT数300とFacebookの「いいね!」数500になっている記事が、どのような経緯で広がっていったのかを考えた。

結果、両者のメディア特性の違いを反映して、広がっていくタイミングと、誰がインフルエンサーになるのか、という違いが見えてきた。それらを踏まえて、企業でキャンペーンなどを実施するときに、注目するべきポイントを整理してみた。

続きを読む

Social Media Experience

記事提供

運営会社