ソーシャルメディア運用

コミュニティ運営の壁をどう越えるか

ソーシャルメディアをビジネスで活用するにあたって、Facebook(フェイスブック)のファンページは、コミュニティの基板となる場所です。

しかし、ファンページを盛り上げていくのはとても難しいです。いくつか原因がありますが、ファンにとってファンページはまだまだ自分が積極的に発信する場所というよりも、情報を受け取る場所という意識が強いというのが1つの理由です。

今回は、ファンページが持っている壁とそれを乗り越える方法について考えてみたいと思います。

続きを読む

ソーシャルメディアでブランディングは可能か

エンゲージメントは売上につながるのか」では、TwitterやFacebook(フェイスブック)、YouTube、企業ブログなどたくさんの種類のソーシャルメディアを運営し、顧客との高いエンゲージメントを達成している企業ほど、経営状態がよくなっているということを解説した。

このデータから、ソーシャルメディアを活用すれば、売上の向上や収益の改善が期待できるということを紹介した。

しかし、この記事に対する読者からのフィードバックとして、ソーシャルメディアを活用することと、経営成績を直接結びつけるのは難しいという意見もあった。

ソーシャルメディア活用と経営状態を分析した資料などをさらに探す中で、いくつかおもしろい分析を発見したので、それらをもとに今回は以下の点について考えてみたい。

  • 投資効果はすぐにはでない
  • ソーシャルメディアのトップブランドに炎上経験あり
  • ソーシャルメディアの価値はどうはかるのか
  • 続きを読む

    ファンの期待に応えるコンテンツを作ろう

    Facebook(フェイスブック)のファンページのインサイト機能に、新しく投稿ごとのインプレッション数とフィードバックの割合が表示されるようになりました。これは、これまでインサイト機能のインタラクションで表示されていた「1日の記事のフィードバック」が改良されたものです。

    旧バージョンのインサイトでは、「投稿の質」という項目がありましたが、インプレッションとフィードバックはそれに変わるもので、ファンページ運営にの参考となる数値です。このデータを活用して、ファンが求めている情報は何かを分析し、ファンの期待に応えるコンテンツを作っていきましょう。

    なお、ここでいう「投稿」とは、ファンページのウォールにシェアされたステータス、リンク、写真、動画のことです。

    今回は以下の項目を説明します。

  • どこから確認できるか
  • インプレッションとは何か
  • フィードバックとは何か
  • どう活用するか
  • なお、これはインサイト機能の一部であるため、ファンページの管理者のみ参照することができます。管理者以外のユーザーには表示されません。インサイトの全体的な説明については、「ファンページを持つもうひとつの理由 – インサイト」にあります。

    続きを読む