ソーシャルメディア運用

ソーシャルメディアと顧客中心主義

今、世界は情報の流れや価値観が大きく変わるタイミングにあります。これから企業は、こうした変化に柔軟に対応し、企業中心ではなく、顧客を中心にサービスや製品を設計することが求められるようになります。

今回は、今起こっている変化を整理し、それに対してどういう対応が必要なのかを考えます。

続きを読む

2012年、ソーシャルメディアの3つの予測

2011年は、個人利用においても、企業利用においても、ソーシャルメディアの活用が一気に進んだ年でした。mixi、Twitter、Facebookといった以前から利用されていたソーシャルメディアに加え、Google+という新しいサービスも増えました。

個人利用においては、3月11日の東日本大震災をきっかけに、非常時の連絡や友達や知り合いの安否確認で利用する人が増えました。また、原発事故に関連した情報が錯綜する中で、自分なりの情報収集をソーシャルメディアを活用して行う人も増えました(参考:災害発生直後のツイート分析)。

企業が活用できるソーシャルメディアは、以前から利用できたFacebookページに加え、Twitterブランドページ、Google+ページ、mixiページと一気に選択肢が増えました。プロフェッショナルネットワークを構築できるLinkedInも日本語化され、LinkedIn内の企業用ページである会社ページを登録する企業も増えています。

さらに、こうしたソーシャルメディアをプラットフォームとして利用できるアプリもたくさん登場しています。

2012年も、ソーシャルメディアは引き続き注目を集めるだけでなく、コミュニケーションインフラとして、さらに強力になっていくでしょう。

今回は、2012年のソーシャルメディアの動向を予測をしてみたいと思います。

続きを読む

ソーシャルメディアのコミュニケーションを担う社員キャラクター:設計と運用

FacebookページやTwitter、Google+ページの公式アカウントの運用方式の一つに、オリジナルの社員キャラクターを使ったコミュニケーションがあります。

有名なところでは、伊藤ハムのハム係長ローソンのあきこちゃんなどがいます。彼らは、ソーシャルメディアのコミュニケーション担当の社員/スタッフとして、会社を代表してユーザーとコミュニケーションをしています。

今回は、オリジナルの社員/スタッフキャラクターを使ったソーシャルメディアの運用について、メリットとデメリット、運用の成功と失敗、キャラクター設定のコツについて考えます。

続きを読む

Social Media Experience

記事提供

運営会社