ソーシャルメディア運用

ソーシャルプルーフとインフルエンサー

proof

ソーシャルプルーフとインフルエンサーとは

最近、「ソーシャルプルーフ(Social Proof:社会的証明)」という単語を目にすることが増えてきました。特にソーシャルメディアを扱った英語の文献などで、しばしば目にします。

ソーシャルプルーフは、社会心理学の用語です。簡単に説明すると、あるものに対して賛同者が多くなるにつれて、そのあるものは信頼性を持つようになり、より多くの人に受け入れられるようになるということを指しています。

マーケティングの分野などでも使われることもあります。例えば、スーパーなどで見かける「これ、売れています!」のポップも一種のソーシャルプルーフを利用した広告です。消費者はこのポップを見たときに、「売れているということは、多くの人が選んでいるということであり、多くの人が選んでいるということは、その商品がよいものである可能性が高い」と考えます。これが購入の動機になるというわけです。

もう一つよく目にする単語が「インフルエンサー」です。インフルエンサーは他の人に影響を与える人です。インフルエンサーが推薦したものは、他の人が推薦した場合に比べて、より多くの人に届き、より多くの人の評価、行動に影響します。

今回は、ソーシャルプルーフとインフルエンサーについて考えてみましょう。

続きを読む

盛り上がるファンページの作り方

fan

NPRのファンページが熱い

Facebookのファンページには個性が出る。

まさにその通りであると思います。Facebookのファンページは、管理者とファンになってくれた人たちが一緒に作っていくコミュニティで、有機的に発展するものなのです。

たくさんの企業やブランドがとても上手にファンページを活用し、製品の品質向上につなげたり、売上増につなげたりしています。Red BullToy Story 3などのファンページが成功例として、しばしば紹介されています。

私がファンページの活用方法として注目しているのが、アメリカの公共放送NPRファンページです。どこかすごいのか、分析してみましょう。

続きを読む

ソーシャルメディアという名のショー

舞台とショー

企業でソーシャルメディアを公式に使おうと思っている人に伝えたい言葉があります。

「ソーシャルメディアは舞台であり、そこで繰り広げられるのはショーである」(Veronica Belmont)

この言葉を聞いて、そうだな!と思う方はこの先を読む必要はありません。どういうことだろうと思ったら、続きを読んでみてください。

続きを読む