ソーシャルメディア運用

新しい消費者がビジネスの成否を決める

ソーシャルメディアが私たちの生活に浸透する以前、消費者はただの消費者でした。私たちは、目の前にある商品を選び、購入し、評価していました。

選ぶときの選択基準の多くが広告やパッケージ、価格など、企業や小売店側から与えられた情報でした。評価した結果は、自分が再度買うか、買わないかということにしか影響しませんでした。場合によっては、周りの友人や知人とその評価を共有することはありましたが、影響の範囲はごく限られたものでした。

企業は、目に見えない消費者の意識をトレンドとして目に見えない指標で評価し、消費者の評価を売上で判断していました。消費者の意識を調査するアンケートなどのマーケティングは行われていますが、その限界点も指摘されています。

しかし、消費者がソーシャルメディアを使うようになってから、消費者はこれまでの消費者というイメージを超えるいくつかの役割を持つようになりました。この事実を認識しているかどうかは、今後のビジネスの展開の大きな分岐点になります。

続きを読む

経営者をその気にさせる7つのアプローチ

会社の方針でソーシャルメディアはやらない

先日、ある専門学校の広報も兼ねた事務を担当している人と話をする機会がありました。「Twitter公式アカウントや、Facebook(フェイスブック)のファンページなどはやらないのですか」と私が問うと、その人は「絶対むりですね」と言いました。理由は1つ。

「ソーシャルメディアを知らない」

その専門学校では学校案内用のWebサイトを持っています。学校のカリキュラムや地方校の紹介に加え、在校生の声や活躍している卒業生の紹介など充実した内容です。SEO対策の費用もかけているので、検索などでは上位に表示されます。月間のページビューは月によってばらつきがあるものの、およそ3,000から6,000といったところでしょうか。小規模の専門学校としてはまずますのアクセス数です。

過去に彼が校内の様子を伝えるようなブログを開設してみてはどうか、と経営者に提案したことがあるそうです。しかし経営者の方は「Webサイトがあれば十分」と言い、提案を却下したそうです。

この調子なら、TwitterもFacebookも「Webサイトで十分」ということになってしまうでしょう。「中小企業では、よくあることだと思いますよ。」と彼は言いました。

特定の分野について教えている専門学校であれば、その分野に興味のある層にピンポイントでメッセージを送れば、とても効果的な広報やマーケティングを展開することができるはずです。経営者を説得することはできないのでしょうか。そこで私は説得するための7つのポイントを考えました。これは、専門学校に限らず、中小企業全般にもあてはまるポイントです。

続きを読む

ソーシャルメディア:7つの就職面接の質問

アメリカでは、ソーシャルメディアの運用に特化した求人をしばしば見つけることがあります。ジョブボードなどを検索してみると、ソーシャルメディアコミュニティマネージャー、コミュニティディベロップメントスペシャリスト、ソーシャルエンゲージメントストラテジストなど、さまざまなジョブタイトルを見つけることができます。

日本でもちらほら、ソーシャルメディアという名称が入った肩書きの役職の求人が見られるようになりました。

こうした役職では、一体どのようなことが求められるのでしょうか。以下の記事でソーシャルメディアに関する仕事の面接での質問がまとめられていました。この中からいくつか質問をピックアップし、その質問からうかがえる「この役職に求められていること」を想像してみました。

Social Media Job Interview Questions

なお、ソーシャルメディアコンサルタントに仕事を発注するときに、参考にこれらの質問を聞いてみるとよいかもしれません。これらの質問はその人が持っているソーシャルメディアについてのポリシーや哲学を明らかにするからです。

続きを読む