コンテンツマーケティング

データから読み解く2012年のコンテンツマーケティング:国内の需要も増加するか?

米国のコンテンツマーケティング会社であるContent Marketing InstituteとMarketingProfsが共同で、コンテンツマーケティングの調査レポートを発表しました。

B2B Content Marketing: 2012 Benchmarks, Budgets and Trends

この調査レポートでは、企業規模の異なる様々な業界のB2B企業のマーケター1,092人を対象にし、2011年のコンテンツマーケティングの実際や2012年の予算配分などについて調査を行っています。

米国のコンテンツマーケティングの現状がよくわかり、ソーシャルメディアの企業活用が根付きつつある日本国内の2012年の取り組みを考える上でも参考になるデータです。

今回は、このデータを紹介しつつ、2012年、国内のコンテンツマーケティングの展望を考えていきます。

続きを読む

コンテンツマーケティングの壁:知識をコンテンツ化する方法

ソーシャルメディアの普及につれて、その重要度が増しているのがコンテンツマーケティングです。Social Media Experienceでも、たびたびコンテンツマーケティングの重要性や効果、始め方などについて取り上げてきました。

B2B企業におすすめ!ブログマーケティング

顧客の「欲しい」を刺激するコンテンツマーケティング

しかし、コンテンツマーケティングは、相応のコスト(時間、人)がかかります。今回はコンテンツマーケティングの課題と解決策について考えてみましょう。

続きを読む

顧客の「欲しい」を刺激するコンテンツマーケティング

インターネット白書2011の調査データによれば、ソーシャルメディアを利用する人の18%が「仕事や勉強に関する情報収集」を、16%が「商品やサービスに関する情報収集」を目的に利用しているという。ソーシャルメディアの性質を考えると、友達や著名人、あるいは企業がソーシャルメディアでシェアした情報が、商品購入やサービス導入をする上での判断材料のひとつになっていると考えられる。

このことから、いかにソーシャルメディア上でシェアされやすく、記憶に残りやすいコンテンツを配信していくかが、企業にとって重要なマーケティング戦略になるといえる。

今回は、顧客の「欲しい」という潜在的な欲求を形にするためのコンテンツマーケティングについて考えてみたい。

続きを読む