エクスペリエンス

It gets better:すべてのマイノリティへ

Ustreamのせいで自殺

初対面の人には、「Alexa」と呼んで、といつも言う。誰も私の本当の名前「Oanh」を正確に発音できないから。

私が7月にシアトルに来てからもう半年が経つ。なんとか生活はできるようになったし、「ベトナム戦争についての君の意見を聞かせて欲しい」と言われるのにも慣れた。だけど、毎日しとしとと降り続く雨が私を憂鬱にする。

ホーチミンでは、雨は夕方に一気に降る。道路が冠水するほど降る。そして1時間も経つと、何事もなかったように晴れ上がる。Oanhはホーチミンの雨みたいだ、と兄たちによくからかわれた。大泣きしてもすぐ泣き止むから。でも今はシアトルの雨のように、毎日途切れなく泣いている。

来年のアメリカの大学進学を目指して今は英語の勉強をしている。学校はそれなりに楽しいけれど、ホーチミンの喧騒や幼なじみの友達が恋しい。庇護してくれる両親や、かわいがってくれる姉や兄と離れて、私は初めて自分がどれだけ守られていたかに気づいた。

ホーチミンの裕福な家に生まれ、年の離れた末っ子として甘やかされて育った。留学したいと言ったとき、両親は大変だけど本当にいいのか、と何度も念を押した。大丈夫だ、と言って渡米したものの、やはり異国での生活は寂しい。自分はこの国のどこにいても圧倒的なマイノリティとして扱われる。

ある日、テレビのニュースを見て言葉を失った。ある大学生が自殺をしたという。原因は、ルームメイトが寮の部屋に隠しカメラをしかけ、彼とその恋人との逢瀬をUstreamで中継したことにショックを受けたためだという。自殺した大学生はゲイだった。

続きを読む

デジタルに恋して

「私に見る目がなかっただけなんですよ。」とユカがさっきから何度も同じ言葉を繰り返している。

長いまつげがしっとりと濡れている。ユカは手足が細く、まっすぐな長い黒髪の女の子だ。若くて、とてもきれいで、なにより素直で、男だったら放っておかないだろうというタイプの子だ。実際にもてるんだろうけれども、今こうして失恋をして泣いている。

慰めようにも慰められなくて、私はユカにビールを注ぐ。元はと言えば、ユカがある男に遊ばれていることを本人に伝えたのは私なのだ。ユカは周りの人がみんな笑って見ているのにも気づいていなかった。でも自分でも少し違和感を感じ、ついに私に聞いたのだ。私がネットに詳しいという理由で。

続きを読む

彼女が勧めたFacebookアプリ

彼女が勧めたFacebookアプリ

なぜ彼女がそれを勧めるのか

Gmailの受信箱にFacebookからの通知が届いた。そのメールの差出人を見た瞬間「え。」という音が口からこぼれた。嬉しくもなく、嫌悪でもなく、単に来るわけがない人からメッセージが来たたことに「え。」と言っていた。

Facebookにアクセスしてみると、それはあるアプリケーションをお勧めする、というメッセージだった。

そのアプリケーションの名前は「Mysterious Spy with 20 Faces」。怪人スパイ二十面相というような意味だろうか。機能概要を見ると、自分のFacebookページのアクセスを解析するものらしい。

Facebookには、自分のFacebookのページの訪問者数や訪問したユーザー名のログを残す機能はデフォルトでは備わってはいない。それなのにどうしてこのアプリは取得できるのだろうか。

しかし、私が一番気になったのは、なぜ彼女が自分にそのアプリケーションを勧めるのか、ということであった。

続きを読む