Social Media Experienceが目指すこと

Social Media Experienceが目指すこと私がSocial Media Experienceというメディアを立ち上げた理由、Social Media Experienceが目指すことについて、お話したいと思います。

一番最初の私のSocial Media Experience

最初に私の経験を一つ紹介しましょう。

私が初めて自分のコンテンツをオンラインで公開したり、ネット上の友達ができたりしたのが6年前です。あるオンラインコミュニケーションサービスを使っていました。

そこでできた友達の一人はとてもすてきな詩を書く人でした。彼女はその時いろいろな事情でとても傷ついてたけれど、彼女の詩の中にあるメッセージはとても暖かく、とても優しいものでした。

そして幸運なことに彼女も私の書く文章を好きになってくれました。
そのオンラインコミュニティがなければ、二人は決して出会うことはなかったし、もし出会ったとしてもお互いの創りだす詩や文章を知ることはできなかったと思います。そのサービスは数年前に終了してしまいましたが、彼女とは今でも交流があり、大切な友達です。

これが私の一番最初のSocial Media Experienceで、サイトを立ち上げた理由の根底にあるものです。

自分だけの体験のきっかけに

現在は、TwitterやFacebookなどのサービスが世界的に人気になり、コミュニケーションの場として、さらに大きな力を持つようになりました。ネットで知り合うということへの抵抗感も以前に比べてずっと薄らいでいると思います。

人は基本的にコミュニケーションを必要とする生物なのだと思います。かつて、私は人との関係を長く維持することができなくて、また新しい人間関係もなかなか作ることができなくて、とても孤独だったころがありました。しかし、ネットを通じたコミュニケーションが私に少しの希望を与えてくれ、毎日の生活を前よりも楽しいものにしてくれました。

Social Media Experienceでは、様々な人のソーシャルメディアに関連した体験やノウハウを共有することを目指しています。そこから多くの人にソーシャルメディアの可能性を知ってもらい、その人たちが自分だけの体験をするきっかけになってほしいと思っています。

オンラインコミュニケーションを学ぶためアメリカへ

私はここ数年、オンラインコミュニケーションということに興味を持って、いろいろな事例や活用方法などについて注目してきました。

今人気のTwitterなどのサービスはアメリカで生まれ、アメリカで発展してきたものです。アメリカでどのような活用方法が議論されているのか、新しい可能性としてどんなことが試されているのかを知りたくて、1年ほどシアトルに勉強に行きました。いろいろな人と出会い、話を聞き、改めてコミュニケーションやソーシャルメディアの力を感じるようになり、自分も何かを始めたいと思うようになりました。

当時の活動については、Seattle Colorというブログに書いています。このブログで記事を書き続けて、多くの方から励ましをいただいたことも、独立したサイトを作ることを後押ししてくれました。

手帳の中の秘密を明かす

私は自分の手帳にいろいろなことを書いています。予定ややることリスト、場所のメモなどに加えて、人から聞いた面白い話、思いついたアイデア、過去のこと、現在のこと、未来のことなど様々です。

手帳は自分だけのために書いているので、とても人には見せられないものです。でもこの中身は他の人にもきっと何かの参考になるはずだと思います。そこで、この手帳の中身を人に見せられるものにしたのが、Social Media Experienceというサイトだということもできます。

3つのテーマ

SocialMediaExperienceのコンテンツは大きく3つに分かれます。一つ目がエクスペリエンス、二つ目がよりよく使うためのコツ、三つ目がサービスを作っている人の思いです。

一つ目のエクスペリエンスというのは、ソーシャルメディアに関連した実際の出来事について焦点を当てたものです。実際に起ったことを、体験者の取材を通して、伝わりやすい物語の形式にして紹介します。あるテーマについて複数視点から書くこともあります。そうすることで、よりソーシャルメディアの持つ人と人とをつなげる力が強調できればと思います。

二つ目のより良く使うためのコツでは、ソーシャルメディアについての考え方(オピニオン)や使うときの心得(How to)、特定のトピックについての調査(リサーチ)を紹介します。特に、企業などでソーシャルメディアをマーケティングや広報のツールとして使う場合の方法や、コミュニティを運営していく方法や意見などを紹介します。

三つ目のサービスを作っている人の思いというのは、「なぜそのサービスを作っているのか」ということについて、インタビューをしたり記事を寄稿してもらったりするものです。この記事もサービス提供者としての私自身の思いを伝えるもので、このカテゴリに分類されます。

こうしたコンテンツを通して、より多くの方がソーシャルメディアの可能性を信じ、新たなつながりやコミュニケーションを体験し、毎日の生活を少し楽しく、いきいきさせることがこのサイトの目指すところです。

関連記事


この記事にコメントをどうぞ

Social Media Experience
記事提供
運営会社