今日は誰の誕生日?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誕生日は1年に1回の特別な日。

パーティーをする、しないに関わらず、誕生日に誰かから「おめでとう」と声をかけられるのは、うれしいもの。

昔、外国人に気軽に誕生日を聞くと警戒されることがあるという話を聞いたことがありました。個人情報を探る怪しい人物とみなされるというのがその理由でした。

でも、ソーシャルメディアによって事情がすっかり変わったように思います。ソーシャルメディアを使った誕生日関連のエクスペリエンスを紹介しましょう。

TwitterやFacebookでおめでとう

アメリカ永住権(グリーンカード)の抽選にあたり、現在ニューヨークに住む男性。11月の誕生日は、妻と1歳になる娘と三人でパーティをやってすごしました。

しかしそれだけではありませんでした。彼はたくさんの人からメッセージをFacebook経由でもらったのです。

彼のFacebookのウォールは、日本にいる家族、友人、元同僚、シアトルやサンディエゴに住んでいたころの友人など、さまざまな地域にいる人たちからの「Happy Birthday!」のメッセージで埋まりました。

ソーシャルメディアによって、遠く離れた人にも気軽におめでとうのメッセージを伝えられるようになりました。

Facebookの誕生日カレンダー

Facebookで人気のアプリがBirthday Calendarです。友達になっている人の誕生日をカレンダーに表示してくれます。

カレンダーの部分にプロフィールで使用している写真が追加され、ユーザー名がタグ付けされます。これで大事な人の誕生日を忘れてしまった!という残念なことがなくなります。

Amazonのほしい物リスト

誕生日にその人のことを考えながらプレゼントを探すのは楽しいひとときです。しかし、せっかく選んだプレゼントなのに、本人がすでに持っていたり、あまり気に入ってもらえなかったり、ということもあるものです。

そこで便利なのがAmazonのほしい物リストです。

ここにほしい物を登録しておくと、それを見た家族や友人がプレゼントをしやすくなります。

Twitterのヘビーユーザーの女性は、誕生日にほしい物リスト経由でたくさんのプレゼントをもらいました。プレゼントをくれた大半がオンライン上の友人ですが、Amazon経由で配送されるので、自分の住所を公開することなくプレゼントを受け取ることができました。

ただし、Amazonのほしい物リストにはいくつかセキュリティ上注意しなければならないことがあります。

デフォルトが公開設定になっている

ほしい物リストは公開/非公開設定を選択することができますが、デフォルトでは公開設定になっています。

公開設定になっている場合、リストのURLを知っている人が内容を表示できるほか、第三者がほしい物リストの検索からメールアドレスまたは名前で検索すると、該当者のほしい物リストが表示されるようになっています。自分が知らせた人以外に見られたくない場合は、公開/非公開設定のときに公開に設定し「amazon.co.jpで検索できるようにする」のチェックを外せば、検索対象外にすることができます。

贈り主の住所が相手に通知される

プレゼントが配送されると、相手に届く納品書に贈り主の本名と住所が表示されます。住所は知られたくない相手にプレゼントする場合は、注意が必要です。

YouTubeのサプライズ動画

最近、見つけた誕生日祝いのYouTube動画です。

Twitterのカスタマーサービスの男性が、仕事についてのメッセージを録画しようとしていると、彼の友達であるMarshaの友達だという女性がやってきて・・・。

おもしろい動画に仕上がっていますね!

こうした誕生日祝いのメッセージも、ソーシャルメディアを使って簡単にできるようになりました。

Happy birthday!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。